YOKOHAMA INTERNATIONAL PIANO CNONCERT 2016

YOKOHAMA INTERNATIONAL PIANO CNONCERT 2018

関連イベント

2019年11月4日(月・休) 10:30-12:45 横浜みなとみらいホール6階レセプションルーム
特別レクチャー

イベント

更新日:2019.05.25

横浜市招待国際ピアノ演奏会にちなみ、ピアノ演奏などに役立つ特別講座を開催します。
これまで2回の講座が大変好評を博した古屋晋一氏と、ロシア音楽に造詣の深い高橋健一郎氏による各1時間の講座です。


1時間目 10:30-11:30
脳と身体から見た最適なピアノ練習法

無意識に行っている練習方法が、実は学習を妨げていることは少なくありません。
例えば、曲の中の同じ箇所を何度も繰り返し練習すると、上達は早いですが、忘れるのも早いことが知られています。
最近の研究では、手や腕が疲れるほど猛練習すると、疲労が回復した後もしばらくの間、脳は学習しにくい状態に陥ることや、疲れていない反対の手の学習も阻害されることが報告されています。
本講演は、脳や身体の仕組みを正しく深く知って頂くことにより、皆様の練習をより効果的で効率良くする一助となることを目指します。

古屋晋一プロフィール

古屋晋一

ソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)文部科学省卓越研究員、ハノーファー音楽演劇大学音楽生理学・音楽家医学研究所客員教授、上智大学特任准教授、京都市立芸術大学・東京音楽大学・エリザベト音楽大学講師、青山財団未来構想委員、博士(医学)

ホームページ 個人

ラボ

2時間目 11:45-12:45
ロシア音楽をより良く知るために~宗教音楽と民族音楽の要素を探る~

ロシア聖歌やロシア正教会の鐘の音、民衆の踊り歌や子守歌などの特徴を簡単に見た後、それらの要素がチャイコフスキーやラフマニノフらロシアの作曲家の芸術音楽にどのように現れているかを解説します。
これらの諸要素については特別な知識が必要で、その知識がペダリングやタッチ、表現方法など、ピアノの演奏面に決定的な影響を与えることがあります。
ロシア音楽をより良く理解するためのヒントをお伝えいたします。

高橋健一郎プロフィール

高橋健一郎

1972年、札幌市生まれ。
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。
文部省アジア諸国等派遣留学生としてロシア国立人文大学に留学。
専門はロシアの言語と音楽。著書に『アレンスキー 忘れられた天才作曲家』(東洋書店)、『ロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論――言語・美術・音楽をつらぬく四次元思想』(水声社)など。
これまで、PTNAピアノコンペティションやルーマニア国際音楽コンクールなどで入賞。
現在、札幌大学地域共創学群教授、日本アレンスキー協会副会長、日本ショパン協会北海道支部会員。

参加申込み

参加無料
※原則として2講座とも聴講できる方が対象です。
ご希望の方は事前に横浜みなとみらいホールチケットセンターへお電話(045-682-2000)にてお申込みください。

(就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮ください/定員になり次第締め切り)

日程
11月4日(月・休)
受付開始日
8月20日(火)
会場
レセプションルーム
開場時間
10:10
開演時間
10:30(12:45終了予定)
Contact

お問い合わせ

チケットに関するお問い合わせ

横浜みなとみらいホールチケットセンター

045-682-2000

(電話予約10:00〜17:00/窓口11:00〜19:00 休館日・保守点検日を除く)

主催

横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

共催

  • 横浜市
  • 横浜アーツフェスティバル実行委員会

協賛

  • 株式会社ヤマハミュージックジャパン
  • 日本ゾーディアック株式会社
  • サカモト・ミュージック・スクール
  • 株式会社京浜サービス
  • 株式会社オレンジアーク
  • 西田装美株式会社
  • 横浜信用金庫藤棚支店

後援

  • 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

企画

横浜市招待国際ピアノ演奏会企画委員会

ページトップへ